ナカムラキッズデンタル
ナカムラキッズデンタル 中村キッズデンタルTOP
HOME < 子供の歯磨き指導

子供の歯磨き指導

歯磨きの方法

3才ぐらいになると自分でも歯磨きをすることができます。
子供が磨いただけでは必ず磨き残しがあるので小学校低学年まではお母さんが仕上げ磨きをしてあげましょう。
とは言え嫌がる子供もいると思います。
子供が歯磨きを嫌がる要因として考えられるのが、お母さんが子供の歯を磨くことに不慣れな事です。

虫歯予防のためどうしても歯磨きをしなくてはいけないとお母さんの心の余裕がなくなります。
子供が歯を磨かれることに慣れていない事もありますが、楽しく遊んでいたのを中断して歯磨きをさせられる等も考えられます。
上手に遊びの時間から歯磨きタイムにもっていけたらいいですね。

小さいうちは基本は寝かせ磨きです。
お母さんの膝に頭をのせ、お子さんの口唇を軽く指で持ち上げて、歯肉を傷つけないよう優しく磨いてあげましょう。
歌をうたったり楽しい会話をしたり、子供とのふれあいをする感覚で一緒に楽しみながら磨くといいでしょう。

子供の機嫌が悪いときや眠いとき具合の悪い時は、無理をせずできる範囲でやりましょう。
うがいだけでも良いと思います。
お母さんも気楽に考えてください。(特に新米ママさんの場合)

その時の子供の様子をみながら、お母さんが楽しい気持ちでやっていれば、お子さんも慣れてできるようになりますから大丈夫です。
徐々に時間を決めて生活のリズムを作ってあげましょう。

歯ブラシの持ち方

バームグリップ

子供、お年な方など力の弱い方

ペングリップ

力が十分ある成人の方

フォークグリップ

ペングリップ変法(つまみ持ち)は親指と人差し指の2本でつまむ方法 前歯の縦みがき用の持ち方

歯ブラシ

皆さんご存知、お口の清掃用具の主役。お口の大部分は、これを正しく使いこなすときれいにすることができます。

歯のブラッシング

かき出すようにブラッシング。ブラシのかかとをうまく使って歯の裏の汚れをかき出します

良い例
ブラシを歯に対して45°位の角度を付け毛先で歯と歯ぐきの境目を狙います。
その後、小刻みに振動させるように磨いてください。

子供の歯磨き指導TOPへ