MENU
メニューを閉じる

仕上げ磨きのポイント

小さなお子様は、なかなか1人では充分な歯磨きができません。
 
1人でしっかりできるようになるまでは、お母さんが仕上げ磨きをしたりチェックしてあげたりする必要があります。
より効果を高めるために、仕上げ磨きは以下のようなポイントを押さえて行いましょう。

ポイント1.落ち着いて磨いてあげる

焦ったり無理矢理磨いたりしては、お子様のお口に大きな負担がかかってしまいます。あくまで落ち着いて、ゆったりと磨いてあげることが大切です。

ポイント2.ヘッドは小さいものを

お子様の歯に合わせて、歯ブラシはヘッドが小さく奥歯までしっかり届くものを使いましょう。

ポイント3.頭を安定させてあげる

お子様を寝かせた姿勢がもっとも磨きやすい体勢です。ひざに頭を乗せて安定させ、両腕を使って丁寧に磨いてあげましょう。

ポイント4.細かく磨く

歯ブラシを持つときはペンを持つように軽く握って、細かく磨きます。

ポイント5.順番を工夫する

敏感な前歯から磨き始めると、お子様は抵抗することがあります。感覚の鈍い下の奥歯から始めて、上の奥歯・下の前歯・上の前歯という順番で磨くと比較的スムーズです。

ポイント6.六歳臼歯のチェック

六歳臼歯は溝が深く虫歯になりやすい歯ですが、上下の歯の噛み合わせを決定するという重大な役割も持っています。丁寧なチェックを怠らないようにしましょう。

PAGETOP

Copyright © 江東区千石にある一般歯科、小児歯科、インプラント、顎顔面矯正などの中村歯科医院 All Rights Reserved.