MENU
メニューを閉じる

年齢ごとの歯磨き

kids9

歯を健康に保つためにもっとも大切なのは、歯磨きなどの日頃のケアです。
赤ちゃんや幼児に対しては、お母さんが丁寧にケアしてあげましょう。
 
また、1人で歯磨きができるようになっても、仕上げ磨きやチェックをしてあげることが大切です。ここでは、自宅でのお子様の虫歯予防法を年齢別にご紹介します。

乳児期

まだ歯が生えていない時期には、舌に白いカスが溜まってしまうことがあります。
気づいたら、湿らせた布やガーゼを使って拭き取ってあげましょう。

生後7~8ヶ月

生後半年を超えると、赤ちゃんには小さな前歯が生え始めます。
この時点でも、歯の汚れに気づいたら湿らせた布などで拭き取ってあげましょう。

生後1年~

生後1年を過ぎてからは、お母さんが歯ブラシを使ってケアしてあげましょう。

3歳~

3歳を過ぎたあたりから、お子様自身に歯磨きの仕方を教えて自分で磨かせるようにしましょう。
もちろん、すぐにしっかり磨けるようにはなりませんので、最後にお母さんのチェックが必要です。

5歳~

5歳くらいから、毎食後に自分で歯磨きをする習慣をつけさせましょう。
朝・昼・晩の3回磨かせて、お母さんは仕上げ磨きを行うとともに、磨き残しのチェックをします。

6歳~

6歳くらいになると、奥歯に「六歳臼歯」という大きな歯が生えてきます。
この歯は溝が深く、食べカスも溜まりやすいためチェックも念入りにしてあげましょう。

PAGETOP

Copyright © 江東区千石にある一般歯科、小児歯科、インプラント、顎顔面矯正などの中村歯科医院 All Rights Reserved.